求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

ゴールデンウィークは、求人広告を掲載すべきか、否か。

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

世間はゴールデンウィーク真っ只中。この時期、大手求人サイトの運営会社も長期休暇に入るため、ゴールデンウィークが掲載期間に挟まる場合には通常より1週間長く掲載される、というのは広告を出稿される企業の人事担当者様にはわりと当たり前に知っていることかと思います。そしてそんな人事担当者様からよく聞かれるのが、「ゴールデンウィークに求職者は求人サイトを見るものなのか?」という質問です。

その質問に一言で答えるなら、「ゴールデンウィークだからたくさんの求職者が見るかというとそうでもないし、あまり見ないかというとそうでもない」ということでしょうか。ゴールデンウィークに限らず、年末年始やお盆休みといった長期休暇の間に求人広告のページビュー数が大幅に増えたり、減ったりということがあるかというと、統計的にはそうでもない。大手求人サイトの運営会社やその代理店と呼ばれる企業の営業マンが訪ねてきて、まことしやかに「ゴールデンウィークはページビューが伸びます」と、なんの資料の提示もなくのたまっていたとしたら、「自分の売上げを伸ばしたい」という都合だけで言ってるな、という見方をして大方間違いはありません(笑)。逆に「ページビュー数の年間平均を示したグラフとか、あるでしょ?」と聞いてしまえばいいのではないか、と思います。掲載にあたって検討の材料になる資料は、大手求人サイトの運営会社も山ほど用意していますから、そういうものを提示してくれない営業マンは勢いだけで営業活動をしていると見てほぼ間違いないでしょう。

強いて言うなら、ゴールデンウィーク期間は一般に6〜7月に控えるボーナス支給を終えてから転職しよう、と考える求職者様が求人を物色する時期ではあります。なので、他の時期に比べて「転職しよう!」というモチベーションが高まった求職者様が増えた感じがする、というのがこれまで求人広告をやってきて感じる「肌感覚」ではあります。とは言え、応募数がやたらと増えるかというわけでもないので、その辺はあまり検討材料の中に含めない方が賢明ではないかと思います。

さらに言うと、大手求人サイトの運営会社やその代理店には四半期ごとの「締め」がありますから、6月・9月・12月・3月の末の週には掲載件数が異様に増える、という現象があります。特に年度末の3月末は、それが顕著だったりします。その時期に求人広告を掲載すると、掲載件数が急増するため、相対的に求人広告の一件あたりの応募数がぐーっと少なくなる傾向があります。なので、営業マンの都合で四半期や年度の「締め」を迎える週の掲載を勧められることがある、ということを念頭に置きながら、商談を進めるといいのではないでしょうか。

-人事ご担当者様へ

関連記事

就活生見て、我が振り直せ?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今日も求人広告の出稿をご検討されている企業の人事ご担当者様とお会いして、打ち合わせをしてきました。その中で出てきたのが、「求める人物像」についての話題。「今の学生 …

WEBとリアルをつないでみる。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 以前、人事ご担当者様向けの記事で「求人サイトのブログ機能の活用法」というものをアップしました。そこでご紹介していたのは、たとえば新卒入社1年目の先輩社員にブログ記 …

最近の学生は、昔とそんなに違うのか。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 11月に入り、新卒採用向けの求人広報の仕事が次第に増えてきました。毎年のことですが、翌々年の入社を予定する大学3年生向けの広報が、この数年はだいたい10月頃から忙 …

新卒向け求人サイトは「育てるもの」である。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、大手求人媒体の代理店案件で営業担当に同行した際、新卒向けの媒体に初めて掲載した企業様が「全然エントリーが来ない!」と嘆いているという相談を受けました。それに …

WEBとリアルをつなぐと、こうなる。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回、「WEBとリアルをつないでみる。」という記事で、新卒入社1年目の人たちに新人研修の様子をブログでレポートさせることで、就活生に安心感を与えられる、というよう …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで