求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

「代理店」ってどう選べばいいのだろう?

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

前回は求職者様向けの記事で、転職を希望される方向けの記事に仕上げましたが、よく考えたら人事ご担当者様向けに中途採用関連の記事をまだ書いていなかったことに気づきました。なので、今回は中途採用について言及していこうと思います。

正社員の中途採用をするにあたって、手段としては公募もあれば紹介・斡旋もあるという感じですが、公募の中にも最近はいろんな手段が現れてきた感じがします。そんな中でも「喫緊の課題!」という感じの採用は、とりあえず大手求人サイトへの求人広告掲載を検討される、という企業の人事ご担当者様も少なくないのではないでしょうか。

そんな時、あまり求人広告の出稿に慣れていなかったりすると、たとえば検索サイトで求人サイトの名前で検索をかけてみると、何だかいろんな「代理店」というところが検索結果でラインナップされて、「どれにすればいいの?」となるのではないかと思います。求人サイトを運営する会社に直接依頼する、という手ももちろんありますが、今回はこの「代理店」に焦点を絞って話を進めたいと思います。

そもそもの話ではありますが、「代理店」というのは求人サイト運営会社から求人広告の「枠」を仕入れて販売している会社、と考えていただければいいと思います。その「代理店」と呼ばれる会社は無数にありますが、先に一つ言っておくと、どこかの代理店がコスト的にものすごく安く売ってくれる、ということは概ねありません。どんな商品やサービスでもそうですが、年間でものすごい額の取引をしてくれるお客様であれば「優遇」ということもあるかもしれませんが、「年に一回掲載する」というぐらいではそんな「優遇」はありません。

さらに言うと、代理店は求人広告の枠を販売する「営業会社」ですから、当然ながら求人サイト運営会社から目標数値を渡されており、その営業担当は自ずと自分の会社から「営業目標の達成」をミッションとして下されています。普通に考えれば、高いものを買ってくれる方が営業担当からすれば「上客」になるわけで、高いものを買ってくれるお客様と安いものしか買わないお客様であれば、当然ながら前者を大事にするわけです。まあそれがあからさまな代理店だとしたら、そこは選ばない方がいい、という話になりますが、では何を代理店の選択基準にすればいいのでしょうか。

月並みな言葉になってしまうかもしれませんが、「顧客に寄り添う代理店」がいい代理店ということです。では「寄り添う」とは具体的にどういうことかというと、掲載後の応募状況やその後の選考状況まできちんとヒアリングしに来るなど、フォローアップがきちんとできる、ということです。はっきり言わせてもらいますが、売ったら売りっぱなしにする代理店というのも、正直あります。ちなみに私は、そういう代理店とは仕事を極力しないようにしています。なぜかというと、顧客にそういう対応をする代理店は、われわれ協力パートナーに対してもそうだから、です。簡単に言えば、私たちのような存在を大事にしません。それは実のところ、お客様であるクライアント企業やその人事ご担当者様にも同じような態度をしてきます。

「それじゃあ掲載する前にわからないじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、そこはぜひ、代理店の営業担当と掲載前の打ち合わせをする中で感じ取り、読み取っていただきたいと思います。一つ言えるとしたら、そういう代理店の営業担当は、高額な枠しか勧めてきません。まずはぜひ、そこをよく見てみて下さい。

-人事ご担当者様へ

関連記事

どうすれば求人広告で「他社との差別化」ができるか。の序章

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 求人広告の制作で企業様を訪問し、人事ご担当者様など企業側の方々と打ち合わせをさせていただいたり、先輩社員の方に取材をさせていただいたりするたびに思うのが、「自分の …

検索型求人サイトは、いいの?悪いの?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回もまた、企業の人事ご担当者様向けに中途採用の「裏ワザ!」的な話をしようかと思います。 最近、求人サイトと呼ばれる媒体も多様化してきていますが、中でも注目されて …

伝えたい情報は、段階を踏んで伝えないと、伝わらない。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回「人事ご担当社様へ」カテゴリーの記事で、新卒採用向け求人サイトの検索結果一覧が表示された画面を見る学生は「いろいろ出てきたけど、どれにしようかなぁ」ぐらいの気 …

最近の学生は、昔とそんなに違うのか。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 11月に入り、新卒採用向けの求人広報の仕事が次第に増えてきました。毎年のことですが、翌々年の入社を予定する大学3年生向けの広報が、この数年はだいたい10月頃から忙 …

新卒向け求人サイトは「育てるもの」である。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、大手求人媒体の代理店案件で営業担当に同行した際、新卒向けの媒体に初めて掲載した企業様が「全然エントリーが来ない!」と嘆いているという相談を受けました。それに …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで