求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

就活生が就職先の企業を選ぶ理由。

投稿日:2017年3月11日 更新日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

新卒採用を行っている企業の人事ご担当者様からよく聞かれる質問に、「最近の学生って何で就職先を決めているの?」といった内容のものがあります。そんな質問に私は、「業界や仕事内容も基準の一つですが、大きなウエイトを占める基準は『そこでどんな人と一緒に働くことになるのか』だと思います」と答えるようにしています。

なぜそんな答えになるかというと、理由は明確です。私はここ数年、企業からの依頼を受け、内定を承諾した学生と辞退した学生の双方にヒアリングをかけ、その内容をレポートにまとめてご報告させていただく、という仕事をしており、そこで接点を持った学生の多くが「この人(たち)と働きたいと思ったから」就職先の企業を選んだ、と答えているからです。もちろん、やりたいことが明確だったり、理系の学生で研究内容と合致する仕事ができる会社を選んでいたり、というケースはありますが、そうでない学生の方が大多数なわけです。そんな「大多数」の中で多くの人が、そんな風に企業選びをしている、ということです。

では企業側は、そんな学生の傾向にどう対処すればいいのか。

一言で言えば、「接点を持った学生にはより多くの先輩社員と接点を持たせるようにする」ということだと思います。たとえば説明会には、必ず先輩社員が話す時間を設ける、とか。あるいは選考過程に進んだ学生には「リクルーター」と呼ばれる先輩社員をつけてフォローアップさせるとか。手法としては、昔からあるものではありますが、そこを丁寧にできている企業は、実はそれほど多くはない。人事部門や採用担当の人数はできるだけ少なくする、というのは企業を経営する側としては当然のように思いつくことなわけで、そうすれば自ずと採用活動にかけるパワーも削がれていくわけです。ならば、そこにちょっと今までよりも力を注ぐだけで、人材業界では「採用競合」という言い方をしますが、学生が内定をもらっている他の企業と差別化することが可能になる、ということです。

しかしながら、マンパワーをかけるのには限界がある、というのも人事ご担当者様の大きな悩みであることは私も重々承知です。そこで次回は、マンパワーをできるだけかけないで、就活中の学生の方々に多くの先輩社員との接点を持たせるようにさせる手法について、お教えしたいと思います。

-人事ご担当者様へ

関連記事

伝えたい情報は、段階を踏んで伝えないと、伝わらない。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回「人事ご担当社様へ」カテゴリーの記事で、新卒採用向け求人サイトの検索結果一覧が表示された画面を見る学生は「いろいろ出てきたけど、どれにしようかなぁ」ぐらいの気 …

就活生には「勤務地」を推せ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 誰もが自分のことを意外と知らないように、多くの企業様でもそこで働いている方々は、自身の会社の強みや魅力のことを意外と知りません。私のように求人広告の制作を生業にし …

新卒斡旋・紹介はいいらしい?

ようこそ、求人広告の「裏ワザ!」へ。 2017年3月1日、今年も新卒採用向けの求人サイトが一挙にオープンしました。新卒採用の広報をお手伝いするケースが多い私としては、この日を過ぎると途端にヒマになり、 …

ゴールデンウィークは、求人広告を掲載すべきか、否か。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 世間はゴールデンウィーク真っ只中。この時期、大手求人サイトの運営会社も長期休暇に入るため、ゴールデンウィークが掲載期間に挟まる場合には通常より1週間長く掲載される …

新卒向け求人サイトは「育てるもの」である。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、大手求人媒体の代理店案件で営業担当に同行した際、新卒向けの媒体に初めて掲載した企業様が「全然エントリーが来ない!」と嘆いているという相談を受けました。それに …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで