求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

新卒斡旋・紹介はいいらしい?

投稿日:2017年3月10日 更新日:

ようこそ、求人広告の「裏ワザ!」へ。

2017年3月1日、今年も新卒採用向けの求人サイトが一挙にオープンしました。新卒採用の広報をお手伝いするケースが多い私としては、この日を過ぎると途端にヒマになり、風邪をひく、というのが例年のパターンだったのですが、ここ数年は風邪はひかずにいます。まあ、そんなことはさておき。

ここのところ、新卒採用において「求人サイトってどうなの?」的な話を、人事ご担当者様からお聞ききすることがちょくちょくあります。まあその背景には、求人サイトの掲載費って高いし、掲載後は営業担当が何のフォローもしないし、エントリー数は思ったように集まらないし、説明会に呼び込むのに手間はかかるし、アウトソーサーに頼めば高いし、結局目標の内定数には届かないし、辞退はされるし、といった複合的な不満が重なってのご意見だというのは、重々承知です。新卒斡旋や新卒紹介というサービスも生まれてから久しいですが、「そっちのがいいんじゃないの?」というご意見をいただくこともよくあります。

率直に言えば、どっちもどっち、ということかと。

私が仲良くさせていただいているIT企業様があるのですが、そちらはそれまでは毎年10名以下の新卒者を採用してきていたのですが、ここ数年は斡旋や紹介をフル活用して20名超の採用を行っています。なぜそんなに、急に人数を増やしたのかというと、一言で言えば会社の戦略が転換したからということなのですが、そこにはとても熱心でフットワークの軽い採用専任の責任者の方を中途で採用して配置し、その方の親しみ深く面倒見のよいキャラクターのおかげで、それだけの数が採用できている、というのが採用成功の大きな要因になっています。

つまりは、求人サイトを使おうが、新卒斡旋・紹介のサービスを利用しようが、採用担当者の熱意や想いがなければ結局はうまくいかない、ということだと思うのです。「求人サイトは載せておけばいいんでしょ」とか、「新卒斡旋・紹介の営業担当がいい人連れてくるんでしょ」とか、そんなスタンスでいるとまあだいたいうまくいかない、というのは私がこれまでいろんな企業様の採用活動を見てきて思うところです。採用コミュニケーションがいくらWEBを通じたものに変わって効率化できたからといって、やはり採用というのは「人」対「人」であることは昔も今も変わりません。就活生も「人」なんだ、という基本に立ち返ってみることが、まずは大事なのではないかと私は感じています。

-人事ご担当者様へ

関連記事

求人サイトのブログ機能の活用法

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回の記事で、マンパワーをできるだけかけずに就活生と先輩社員に接点を持たせる方法について、次の記事で紹介すると書きましたので、その一つをちょいとご紹介いたしましょ …

就活生には「勤務地」を推せ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 誰もが自分のことを意外と知らないように、多くの企業様でもそこで働いている方々は、自身の会社の強みや魅力のことを意外と知りません。私のように求人広告の制作を生業にし …

WEBとリアルをつなぐと、こうなる。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回、「WEBとリアルをつないでみる。」という記事で、新卒入社1年目の人たちに新人研修の様子をブログでレポートさせることで、就活生に安心感を与えられる、というよう …

どうすれば求人広告で「他社との差別化」ができるか。の序章

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 求人広告の制作で企業様を訪問し、人事ご担当者様など企業側の方々と打ち合わせをさせていただいたり、先輩社員の方に取材をさせていただいたりするたびに思うのが、「自分の …

最近の学生は、昔とそんなに違うのか。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 11月に入り、新卒採用向けの求人広報の仕事が次第に増えてきました。毎年のことですが、翌々年の入社を予定する大学3年生向けの広報が、この数年はだいたい10月頃から忙 …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで