求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

求職者様へ

リクナビ問題に思う。

投稿日:

求人広告の「裏ワザ」!へ、ようこそ。

2019年、世間を賑わせたリクナビ問題。個人情報の扱いについて、いろいろ考えさせられるようになりましたが、求人広告や採用に関わってきたライターとして、私が思うことは二つあります。

一つ目は、業界最大手だから標的にされたのだろうな、ということ。何の裏も取っていないので憶測でしかありませんが、誰かが「こんなこと、やってるよ」と、内部の人間なのか、競合なのかはわかりませんが、当局にリークでもしたんだろうな、と思いました。大人の世界、足の引っ張り合いは日常茶飯事です。そしてその標的となるのは、往々にしてトップを走っていたり、世間から注目を浴びていたりする人やモノだったりします。

二つ目は、この問題は個人情報の扱い方について企業側の姿勢が問われた問題だと思いますが、一方で求職者(学生の方や転職希望の方)側が個人情報の「扱われ方」について考え直すきっかけにもなっている、ということです。どういうことかというと、これは求人・採用というカテゴリーに限る話ではないですが、自分がWEB上で個人情報を提供する機会があった場合、その提供した側から何らかのメリットを享受していることが多く、そのメリットと比して個人情報を提供することがどれくらい危険で嫌なことなのかを想像する、というプロセスを経てから、どうするか、行動を決定した方がいい、ということです。

例えばリクナビなどの求人サイトであれば、個人情報を提供してサイトに登録したとすれば、自分が見てみたいと思う企業のページを検索して閲覧できるのはもちろんのこと、エントリーだ説明会予約だという接点を持つ機会も得られるし、さらには接点を持ったからこそ得られる情報もある。やたらと届くDMがうざいと感じるけれど、中には「これは!」という企業からのものも含まれていることがある。いわゆる「クローズド」と呼ぶようなインナーの情報も、求人サイトの中では飛び交っていたりします。求人サイトに登録するとどんなメリットが得られるのか、という情報をしっかり収集できていれば、個人情報を自らが提供する価値があるかどうかの判断もできるのではないでしょうか。

リクナビも、問題になったサービスを利用した企業側も、自らの行動が倫理に反していないかどうか、ということを常に問い直す必要はもちろんあります。一方で、個人情報を利用された利用者側も、もっと賢くならないといけないのでは、と私は個人的に思った、ということです。

あ、ちなみに前回の記事で出て行かれたという彼女、戻ってきました。一応、報告させていただきます。(笑)

-求職者様へ

関連記事

転職活動の前に、ひと呼吸おこう。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 求職者様向けの記事で、転職希望の方向けの記事をまだ書いてなかったので、今回はそれを。 「求める人物像」とか「求める人材」とかいった項目を、求人広告でご覧になったこ …

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その3

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回も引き続き、就活生向けに「IT業界の企業の見分け方」を書いてみましょう。 前回の記事は、以下の通りです。併せてどうぞ。 就活生向け「IT業界の企業の見分け方」 …

「大学のブランド力」ってあるの?ないの?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 4月に入って、就活生にはまさに「就活真っ盛り」という状況だと推察しますが、今回はそんな就活生に向けた話を書いてみようかと思います。 求人広告の世界では、「大学のラ …

就活生は、IT業界ばかり紹介するエージェントには気をつけろ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、例の就職協定的な6月1日内定出し解禁に至るまでの間は、就活生のみなさんにとって会社説明会ラッシュの時期ではないかと思われます …

就活生は「承諾書を早く出して」にご注意を!

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、京都へ出張に行った際、立ち寄った木屋町(きやまち、と読むのをその時初めて知りました笑)のショットバーで働くアルバイトのお兄ちゃんと話したところ、彼はまさに今 …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで