求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

求職者様へ

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その1

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

就活生の方の多くが、なかなか内定を確保できずにいる場合、視野に入ってきやすい業界が「IT業界」だと思います。それはなぜかというと、そもそもIT業界にカテゴライズされる企業の数が多いことと、数多ある業界の中でも人材不足が顕著な業界であることが、大きな理由かと思われます。同時にIT業界は裾野が広いため、「IT業界の企業をどう見分ければいいかがわからない」というのが就活生にとっての本音でもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、就活においての「IT企業の見分け方」を少しだけお教えしようかと思います。「少しだけ」というのは、決して出し惜しみをしているわけではなく、「見分け方にもいろいろある」からだとご理解いただければ幸いです。

まず一番目の見分け方として、IT業界の企業には大きく分けて「アプリケーション開発」が得意か、「ITインフラ」が得意か、という見方があります。「アプリケーション開発」とはその名の通り、アプリケーションを開発することではありますが、このアプリケーションというのが従来は主に企業の運営をサポートする「業務用アプリケーション」を指していたのですが、最近ではスマートフォンでショップからダウンロードできるいわゆる「アプリ」なども含まれたりします。いずれにしても、CとかC++とかJAVAといったプログラム言語を駆使して何らかのシステムを組む仕事とか事業とか捉えていただければ間違いありません。一方で「ITインフラ」というのは、そうしたアプリケーションが安定的かつ快適に動作するようにするために不可欠なサーバやネットワークの設計や構築のことを指します。「プログラム言語を駆使して」ということもありますが、アプリケーション開発で使われるような言語とはまた違った言語であったり、知識や技術であったりが求められます。企業の数でいうと、圧倒的に「アプリケーション開発」を手がけている企業の方が多いかとは思いますが、どちらかに特化している企業だったり、両方に対応できることが強みな企業だったりと、いろんなタイプの企業が存在します。

傾向で言うと、「アプリケーション開発」の方は「技術者寄り」というか「職人気質」というか、そういったタイプの人が多いような印象を受けます。「ITインフラ」はそういうタイプの人もいますが、どちらかというとコミニュケーション能力が求められる傾向にあるように思います。また「アプリケーション開発」でも「ITインフラ」でも、その企業がどんな業界向けのものを得意にしているかによって、社風や雰囲気が違ったり、企業文化が違ったりということもあります。その「どんな業界向けが得意か」という見分け方については、また別の記事で述べたいと思います。うん、この「IT企業の見分け方」ネタは、だいぶ引っ張れる気がしてきました(笑)。おっと、心の声が聞こえてしまいましたね。

-求職者様へ

関連記事

就活生は、IT業界ばかり紹介するエージェントには気をつけろ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、例の就職協定的な6月1日内定出し解禁に至るまでの間は、就活生のみなさんにとって会社説明会ラッシュの時期ではないかと思われます …

就活生は「承諾書を早く出して」にご注意を!

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、京都へ出張に行った際、立ち寄った木屋町(きやまち、と読むのをその時初めて知りました笑)のショットバーで働くアルバイトのお兄ちゃんと話したところ、彼はまさに今 …

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その2

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回は「就活生向け『IT業界の企業の見分け方』」の第二弾と行ってみましょうか。 前回の記事は、 就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その1 になります。合わせ …

アミューズメント業界ってほんとはどうなんだろう?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 7月に入って、就活生のみなさんにとっては大手企業の説明会・選考がひと段落して、結果が出て一喜一憂されている頃かと思います。求人広告の世界では、ここから先は「第二弾 …

大手求人サイトは絶対じゃない。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回は就活中の学生のみなさん向けに、「求人サイトは絶対か」といったテーマで記事を書こうと思います。 大手求人サイトと呼ばれるサイトはいくつかあるかと思いますが、就 …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで