求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

求職者様へ

アミューズメント業界ってほんとはどうなんだろう?

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

7月に入って、就活生のみなさんにとっては大手企業の説明会・選考がひと段落して、結果が出て一喜一憂されている頃かと思います。求人広告の世界では、ここから先は「第二弾」とか「後半戦」とかいう言い方をしますが、大手の結果が芳しくなかった就活生のみなさんの中には「再度ここからリベンジマッチ」という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな時期に、大手求人サイトにアクセスすると、やたらと「エントリーシート不要!」とか「面接1回のみ!」とかいったキーワードを前面に押し出したようなバナー広告が表示されることが多いのではないかと思います。「早く一社でもいいから内定がほしい」という就活生の心理をついたバナー広告なわけですが、明らかに「釣り」ではあるものの、それ自体はいいとも悪いとも言えないものだと思います。興味を持ってバナー広告をクリックしてみて、そのリンク先にある企業の情報を見て、よさそうと感じればエントリーすればいいし、そうでもなければやめておけばいい、というだけのことかと思います。

ただそういうバナー広告を出稿する企業様の多くは、われわれの世界で言うところの「不人気業界」の会社が多いことは確かです。「不人気業界」とは、不動産業界や流通・小売業界、外食業界、アミューズメント業界などがそれにあたります。「キツそう」「大変そう」「ブラックそう」というイメージを持たれてしまいやすいから不人気という、なんとも切ない業界なわけですが、実際のところはその業界・企業でやりがいを持って働かれている方も大勢いるわけですので、イメージだけで敬遠するのはもったいないよなあ、と私などは思ってしまいます。

まあそんな業界の中で、私がこれまでよく担当させていただいたのがアミューズメント業界です。アミューズメントというと聞こえがいいですが、要はパチンコ店のチェーン展開を事業としている企業様の業界ですね。私は長いことこの業界とはおつきあいをさせていただいておりますが、私の中のイメージで言うと「いつまで経っても誤解されている業界」という感じです。「結局、仕事はホールでの接客でしょ。アルバイトでもいいじゃん」と思われることがほとんどで、体力勝負の仕事だというイメージが強い。確かにそういう側面もあるのですが、この業界で新卒採用を行っている企業様はどこも「それで終わってほしくない」と思っており、なんなら人やお金をマネジメントするポジション、将来的には店長として経営ができる人になってほしい、と期待しておられるのです。そしてパチンコ店というのは一店舗あたりの年商が数億〜数十億になるわけで、ともすれば中小企業の年商とほぼ変わらなかったりする。そこで店長なんかやった日にゃ、一企業の社長とほぼ変わらないような仕事ができたりするわけです。「そんな大変なこと、やりたくない」と思う人も多いでしょうが、そこをやりがいと感じられるかどうか、ではないかと思います。

そんな悪いイメージだけが先行して損している切ない業界を、このブログで少々イメージを覆せるようにしてみたい、などとも思っています。就活生の方にとって目からウロコになるといいな、と期待しつつ。

-求職者様へ

関連記事

大手求人サイトは絶対じゃない。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回は就活中の学生のみなさん向けに、「求人サイトは絶対か」といったテーマで記事を書こうと思います。 大手求人サイトと呼ばれるサイトはいくつかあるかと思いますが、就 …

「エージェント」の上手な利用法。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回は転職を考える求職者様向けに、いわゆる「エージェント」と称する紹介・斡旋会社のうまい利用法について語りましょう。 世の中には「エージェント」と呼ばれる会社が無 …

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その1

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 就活生の方の多くが、なかなか内定を確保できずにいる場合、視野に入ってきやすい業界が「IT業界」だと思います。それはなぜかというと、そもそもIT業界にカテゴライズさ …

就活生は、IT業界ばかり紹介するエージェントには気をつけろ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、例の就職協定的な6月1日内定出し解禁に至るまでの間は、就活生のみなさんにとって会社説明会ラッシュの時期ではないかと思われます …

求職者は採用担当者の「姿勢」を見よ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 これまで「人事ご担当者様へ」のカテゴリーでばかり、記事を書いていたので、今回は初の「求職者様へ」カテゴリーの記事ということでいきたいと思います。中でもいわゆる「就 …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで