求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

新卒向け求人サイトは「育てるもの」である。

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

先日、大手求人媒体の代理店案件で営業担当に同行した際、新卒向けの媒体に初めて掲載した企業様が「全然エントリーが来ない!」と嘆いているという相談を受けました。それに対して私は「来るわけないよ」と、はっきりお答えしました。そうなんです、掲載しただけで就活生からのエントリーがざっくざく来るのは、学生に知名度のある企業か人気の業界であって、名も知れぬ企業がしかも初めて掲載したというだけでは、とてもじゃないけど来るわけがないんです。新卒向け求人サイトをご利用になる企業様にはぜひ、「求人サイトは育てるもの」と意識を変えていただきたいと改めて思います。

では「育てる」とは、どういうことか。以前の記事でも「人事担当者ブログは定期的に更新しましょう」といった主旨のことを書きましたが、新卒向け求人サイトには他にも更新できるコンテンツがあります。たとえば、先輩情報画面というものがあります。これは大手サイトであれば、上限数百名分は掲載できる、という仕様になっていたかと思います。そんなに掲載している企業は聞いたことはありませんが、できるだけ多く先輩社員を紹介する画面を掲載していた方が、就活生にとっては安心材料になります。さらに言えば、先輩社員の出身大学や学部を掲載しておくと、それで就活生の検索に引っかかることもあるので、そこはぜひ押さえておいていただきたいところです。

先輩情報画面の掲載の仕方も工夫することで、就活生とのコミュニケーションをサポートする機能もあります。たとえばいっぺんにたくさんの先輩情報画面を掲載するのではなく、月一回、一人から二人ずつ掲載していく、とか。先輩情報画面を追加するたびに、エントリー済みの就活生に「エントリーしている企業の情報が更新されましたよ」というアラートが届くようになる機能を持ったサイトもあります。そうすると、就活生からすれば「エントリーしている自分が興味を持った企業が何か情報を更新したらしいぞ」と関心を持ち、再度アクセスするというアクションを起こす可能性が高まります。これを繰り返すことで、サブリミナル効果ではありませんが、就活生にじわじわと企業の印象をつけることができるはずです。

くれぐれも、大手求人サイトに掲載したから新卒採用はどうにかなる、などと思わず、サイトのコンテンツを「育てる」という意識を持っていただきたいと思います。

-人事ご担当者様へ

関連記事

WEBとリアルをつなぐと、こうなる。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回、「WEBとリアルをつないでみる。」という記事で、新卒入社1年目の人たちに新人研修の様子をブログでレポートさせることで、就活生に安心感を与えられる、というよう …

就活生が就職先の企業を選ぶ理由。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 新卒採用を行っている企業の人事ご担当者様からよく聞かれる質問に、「最近の学生って何で就職先を決めているの?」といった内容のものがあります。そんな質問に私は、「業界 …

最近は、何の質問もしない求人広告の営業マンが多いらしい。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 昨日、かつて一緒に求人広告の仕事に携わったことのある、元・大手求人サイトの営業マンと久しぶりに会う機会がありました。彼は最近、ずっと人材コンサル的な仕事をしてきた …

就活生には「勤務地」を推せ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 誰もが自分のことを意外と知らないように、多くの企業様でもそこで働いている方々は、自身の会社の強みや魅力のことを意外と知りません。私のように求人広告の制作を生業にし …

新卒斡旋・紹介はいいらしい?

ようこそ、求人広告の「裏ワザ!」へ。 2017年3月1日、今年も新卒採用向けの求人サイトが一挙にオープンしました。新卒採用の広報をお手伝いするケースが多い私としては、この日を過ぎると途端にヒマになり、 …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで