求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

人事ご担当者様へ

最近は、何の質問もしない求人広告の営業マンが多いらしい。

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

昨日、かつて一緒に求人広告の仕事に携わったことのある、元・大手求人サイトの営業マンと久しぶりに会う機会がありました。彼は最近、ずっと人材コンサル的な仕事をしてきたようですが、そこでお客様から「求人広告は扱ってないの?」と聞かれることがあまりにも多いので、自分でも扱うことにした、という話でした。「お客様」とは当然、企業の人事ご担当者様なわけですが、彼が求人広告をつくるにあたってお客様に「なんでこの会社を興したのですか」「なんでこの事業だったのですか」「これからどう事業を発展させようと考えているのですか」などなど、いろんな質問をしていたところ、その人事ご担当者様から一言、

「そんなに質問されて、コンサル料はいくらになるんでしょう」
「うちはコンサル料を支払えるような風土がないんですが」

と心配されたとのこと。もちろん彼は、そんなお金をいただこうと思って聞いていたわけではなく、求人広告をつくるにあたって必要なことだから聞いていただけのこと。しかし、それを人事ご担当者様は「コンサルされてる」と感じてしまったのでしょうね。人事ご担当者様は「これでいくら請求されるんだろう」と戦々恐々としていたようだ、と彼から話を聞いて、私は思わず座っていた椅子から吉本新喜劇のごとく、ずり落ちそうな感じになりました。

どうやら昨今の求人広告の営業マンは、彼のような質問を人事ご担当者様にしないようですね。私も彼も、それでよく求人広告を売ってるな、という意見で合致したんですが、どうも昨今の営業マンは「求人広告の枠はこれだけ種類があって、それぞれいくらで、大きい方が効果が出ます」ということしか伝えてこない、と。そんなスタンスで枠を売ってるだけでは、そりゃあ掲載しても効果は出ないわな、と思わずにはいられませんでした。

これをお読みの人事ご担当者様はぜひ、そんな営業マンと対峙した時には「なんか聞くこと、ないの?」と振ってみてはいかがでしょう。何も出てこなかったら、発注しない方がいいかと思われます。

-人事ご担当者様へ

関連記事

就活生が就職先の企業を選ぶ理由。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 新卒採用を行っている企業の人事ご担当者様からよく聞かれる質問に、「最近の学生って何で就職先を決めているの?」といった内容のものがあります。そんな質問に私は、「業界 …

就活生見て、我が振り直せ?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今日も求人広告の出稿をご検討されている企業の人事ご担当者様とお会いして、打ち合わせをしてきました。その中で出てきたのが、「求める人物像」についての話題。「今の学生 …

伝えたい情報は、段階を踏んで伝えないと、伝わらない。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回「人事ご担当社様へ」カテゴリーの記事で、新卒採用向け求人サイトの検索結果一覧が表示された画面を見る学生は「いろいろ出てきたけど、どれにしようかなぁ」ぐらいの気 …

求人サイトのブログ機能の活用法

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 前回の記事で、マンパワーをできるだけかけずに就活生と先輩社員に接点を持たせる方法について、次の記事で紹介すると書きましたので、その一つをちょいとご紹介いたしましょ …

なんで中途は代理店で新卒は直販なの?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 だいぶ昔の話ですが、新卒採用をされている企業のお客様が求人広告を出稿する際に、大手求人サイト運営会社と直接取引をしていることにステイタスを感じておられる企業様があ …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで