求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

求職者様へ

「エージェント」の上手な利用法。

投稿日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

今回は転職を考える求職者様向けに、いわゆる「エージェント」と称する紹介・斡旋会社のうまい利用法について語りましょう。

世の中には「エージェント」と呼ばれる会社が無数にありますが、転職を考え始めると「登録しておこう」と行動を起こすのはごく普通のことかと思います。じゃあどんな「エージェント」に登録すべきか、という話になると、これはもう一言で言えば「人による」としか言いようがありません。この「人による」というのは、転職活動中の求職者様自身もそうだし、「エージェント」の担当者にも言えることです。

「エージェント」の担当者も、会社組織の一員です。そうである以上、彼らも「営業目標」というものを持たされています。「エージェント」は企業に紹介した人材が雇用に至った段階で一人あたり年収の何%という報酬をもらう、というビジネスですから、当然ながらたくさんの人を紹介して企業に雇ってもらえれば売上げが伸びる、ということになります。特に規模の大きな「エージェント」は、それだけ売上げを確保する必要がありますから、変な話、大量に人を紹介して大量に雇用いただける企業様とのお取り引きの方がプライオリティーが高くなるわけです。究極な言い方をしてしまえば、こだわりのある一人の細かい希望を聞いているより、転職理由がぼんやりしていた人を大量に人が欲しいと言っている企業様に紹介し、雇用してもらった方が割がいい(笑)。そんなことをあからさまにする担当者はいないですが、「エージェント」というビジネスはそんなもの、という認識を転職希望の求職者様も持っていた方が、「エージェント」の担当者と向き合う時に「そんなもんなんでしょ」という心持ちで対峙できるから、「なんでいいとこ紹介してくれへんねん!」とイラッとすることもなくなると思います(笑)。

一方で、小規模な「エージェント」に登録する際は、そこが得意とする業界や業務領域などを見極めるといいでしょう。小規模で「エージェント」をやっているということは、大規模な「エージェント」では手が回らないような、細かな要望に応えられるから企業様から支持されている、ということです。その「細かな要望」とは、一言で言えば「特定の業界や業務領域を詳しく知っているから、的確な人材も紹介してくれる」ということでしょう。登録しようとしている「エージェント」のホームページなどを見れば、なんとなくその得意業界・業務領域が理解できると思います。それが自分のキャリアと合致するかどうか、という判断をすることも大事ではないでしょうか。

もっと言えば、個人事業のレベルで「エージェント」を事業としてやっている人もたくさんいます。まあなかなかそういう人と転職希望の求職者様が遭遇することはないかもしれませんが、人づての紹介で知り合うケースはあると思います。そんな時は、前述のような「得意業界・業務領域」はその人によるところがより一層強くなりますので、「得意な業界はありますか」と直接的に質問してしまうのが早いかもしれません。

いずれにしても、転職希望の求職者様は「エージェント」というビジネスへの理解を深めた上で、担当者の方がどんなスタンスで求職者様に向き合おうとしているか、を見極めることが必要ではないか、と思います。

-求職者様へ

関連記事

就活生は、IT業界ばかり紹介するエージェントには気をつけろ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、例の就職協定的な6月1日内定出し解禁に至るまでの間は、就活生のみなさんにとって会社説明会ラッシュの時期ではないかと思われます …

「社会人になってからの服装はどうすればいいか」問題について

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、仲良くさせてもらっているIT企業様を訪ね、今年の新入社員の人たちと喫煙所で会話する機会がありました。 この「喫煙所で会話」というのが意外と面白い、という話は …

求職者は採用担当者の「姿勢」を見よ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 これまで「人事ご担当者様へ」のカテゴリーでばかり、記事を書いていたので、今回は初の「求職者様へ」カテゴリーの記事ということでいきたいと思います。中でもいわゆる「就 …

就活生は「承諾書を早く出して」にご注意を!

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、京都へ出張に行った際、立ち寄った木屋町(きやまち、と読むのをその時初めて知りました笑)のショットバーで働くアルバイトのお兄ちゃんと話したところ、彼はまさに今 …

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その1

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 就活生の方の多くが、なかなか内定を確保できずにいる場合、視野に入ってきやすい業界が「IT業界」だと思います。それはなぜかというと、そもそもIT業界にカテゴライズさ …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで