求人広告の「裏ワザ!」

求人広告の制作マン経験20年超のベテランだからこそ知る「裏ワザ」をご紹介します!

求職者様へ

求職者は採用担当者の「姿勢」を見よ。

投稿日:2017年3月22日 更新日:

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。

これまで「人事ご担当者様へ」のカテゴリーでばかり、記事を書いていたので、今回は初の「求職者様へ」カテゴリーの記事ということでいきたいと思います。中でもいわゆる「就活」中の学生様向けのお話しを、させていただこうかと。

就活する中で、いろんな企業に接する機会があるかと思いますが、ずいぶんとあっさり内定が出てしまう企業ってあるなあ、と感じている就活生の方もいらっしゃることでしょう。そういう企業って「とにかく人が足りない、ブラック企業ではないか?」と疑問を感じる就活生の方もいると思います。

結論から先に言うと、おそらくは人が足りてない企業であると思われ、しかしながらブラック企業かというとそれは一概に言えない、ということでしょうか。まあ、ブラック企業とは何ぞや、という定義が明確になり切っていないというのもありますが。

「人が足りていない」ということが問題かというと、これもまた一概には言えないところがあります。企業というのは、急成長しているフェーズにあれば当然ながら人を採用せねばならないわけで、その「急成長」というのは悪いことではなく、むしろすばらしいことです。ただその「急成長」がゆえに、たくさんの人を採用する必要はあるものの、教育や配慮に欠けてしまっているケースはちょくちょくあります。それを「社員への配慮が足りない」と見るか、「じゃあこれから自分も教育制度づくりに参加していけばいい」と考えるか、でその企業の見え方は変わってくる、ということです。

ただ、一つ言えるのは、そういう大量採用をする必要にかられた企業の採用担当者が、果たしてどれだけの覚悟を持って採用活動に取り組んでいるか、を見極める必要があるということでしょう。大量採用をする場合、おしなべて一人ひとりの求職者様に向ける採用担当者のパワーは分散されてしまうものです。採用担当者もものすごい数のエントリーシートや面接をさばかなければいけないわけですから、それはパワーが分散されても仕方がないとも言えますが、それでも一人ひとりの求職者に真剣に向き合う姿勢があるかどうか、は企業を選ぶ上で大きなウエイトを占めてしかるべし、と思います。

以前、就活生の方をヒアリングする機会があり、ある企業の内定をどうして辞退したのか、をお聞きすることがありました。いろいろ理由はありますが、その中の一つに採用担当者が説明会の段階で、ずいぶんと軽く冗談気味に「君、きっと内定だよ。ははは」みたいな言葉をかけられたことが引っかかった、というものがありました。「こっちは真剣に就活してるのに、という気分になった」とその就活生の方はおっしゃっていました。冗談でも、そういうデリカシーのない発言をするかしないか、は判断基準に置いていい、と私は思います。

採用担当者の姿勢をきちんと見極める。これも求職者様の企業選びの基準として、置いておくべきポイントの一つだと私は感じています。

-求職者様へ

関連記事

喫煙や飲酒は決して勧めないけれど。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日の記事で、仲のよいIT企業の新入社員たちと喫煙所で会話した、なんて話を書きました。私は今や絶滅危惧種にもなりかかっているという「喫煙者」なわけですが、マナーを …

就活生は、IT業界ばかり紹介するエージェントには気をつけろ。

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、例の就職協定的な6月1日内定出し解禁に至るまでの間は、就活生のみなさんにとって会社説明会ラッシュの時期ではないかと思われます …

「社会人になってからの服装はどうすればいいか」問題について

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 先日、仲良くさせてもらっているIT企業様を訪ね、今年の新入社員の人たちと喫煙所で会話する機会がありました。 この「喫煙所で会話」というのが意外と面白い、という話は …

就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その2

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 今回は「就活生向け『IT業界の企業の見分け方』」の第二弾と行ってみましょうか。 前回の記事は、 就活生向け「IT業界の企業の見分け方」@その1 になります。合わせ …

「大学のブランド力」ってあるの?ないの?

求人広告の「裏ワザ!」へ、ようこそ。 4月に入って、就活生にはまさに「就活真っ盛り」という状況だと推察しますが、今回はそんな就活生に向けた話を書いてみようかと思います。 求人広告の世界では、「大学のラ …

ブログの記事カテゴリー

アクセス

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
または
info@dais-k.comまで